小学部

小学部では「完全学校準拠」を基本として、学校の勉強を理解する力を身につけます。

学習の姿勢から徹底指導

学習の姿勢から徹底指導

勉強を始めるには、準備が必要ですが、それが学習をする「姿勢」となります。低学年では、ノートの書き方や宿題のやり方、計算や漢字の練習の方法を徹底的に指導することで、学習するための姿勢を養います。そして、高学年では基礎学力をもとにして、今度は応用力を身につけていきます。

公立中高一貫校受検講座
(橋本本校・相模原中央校・相模大沼校・麻溝台校)

近年増えつつある「公立中高一貫校」ですが、毎年高倍率の公立中学受検。合格することを目標にし、教科ごとの通常授業とは別の専用コースを設置し、受検対策を実施しています。 特に、公立中学については、科目に分類できる受検ではないため、「理系分野」と「文系分野」に分けて指導していきます。小学5年生では、受検の基礎学力および知識の構築、小学6年生では受検に向けての実践力を養います。

基礎学力の定着から応用力へ

完全学校準拠指導

学校の授業をしっかり理解することと並行し、学校のレベルだけでなく中学生になったら必要となる応用力も養っていきます。 特に、計算力・漢字力・単語力については、小学校では難しくて扱わない語句や、複雑な問題にも対応できるような力を植えつけることができます。

各種模擬試験で自己分析

年間3回「YS学力試験」を実施しています。この試験は、基礎学力をはかると同時に、普段学校では見慣れない問題へのアプローチを目的に実施しています。 さらに、中学部への足がかりとして問題形式に慣れるともに、試験に向けて勉強方法を小学生のうちから定着させていきます。 また、公立中高一貫校向け模擬試験、私立中学受験向け模擬試験も実施しています。

お気軽にお問い合わせ下さい

相模原に開校して、おかげさまで38周年。横浜ゼミナール

TEL:0120-839-396

受付時間/14:00~20:00 ※携帯からもご利用可