2017.11.17

冬期講習 進級準備講座   のお知らせ

【期間】
12月25日(月)〜12月30日(土)
1月4日(木)〜1月6(土)

 @小6中学準備講座 1科目3000円
 A中2受験準備講座 3科目15400円 
 B中1進級準備講座 3科目15400円 
 C中3入試直前セミナー 3科目19800円
     理社特訓 25000円  
     テスト会 15000円(5回分) 

@中学進級の準備は、早めがポイント!
算数・・・中学準備講座ではまず小学校の復習を、徹底的に指導します。中学の数学を理解する上で必要とされる基本的な内容はすべて小学校の学習内容にあります。その学習内容の中でも進級前に身につけなければならない内容を2月末までに定着させるのがこのセミナーの目標です。

英語・・・「英単語の読み書き」指導から開始して、中学校で最初に勉強するbe動詞の文までを徹底的に指導します。
中学準備講座の英語では、中学の内容を先取りするのはもちろんですが、まずは基礎のアルファベットから教えていきます。今まで習ったことのない教科を勉強するわけですから、基礎の基礎から丁寧に教えていきます。また、英単語の暗記のコツも身につけてもらい、「英語を得意な科目」の1つにすることがこのセミナーの目標です。
 
<中学生> 
A中2受験準備講座
B中1進級準備講座
1つの単元をものにするには最低でも4回の復習が必要!
一つのことを身につけるには最低でも4回の復習が必要だと言われています。最初に習ったことが定着できているかどうか確認する一回目の復習は大切ですが、少し期間をおいて行う復習はより大切です。なぜなら最初に習った時に比べ内容の理解が深まるからです。1回目→2回目→3回目・・・・というように回数を重ねることは、その都度知識の確認ができるのと同時に、応用力がつくという副産物もあります。定期試験の時に学校に提出しなければならない課題に取り組んだり、試験勉強をしたりすることはとても大切です。くり返し復習することにつながるからです。

二学期に学習した内容は各学年の骨格にあたるもの!必ず定着させた上で、三学期を迎えることが大切です。
◎一学期の指導内容は二学期の基本にあたるもの
◎二学期の指導内容は発展的で応用的なものを多く含んだもの
ものといえます。

二学期の単元を克服するポイントは、「覚える」より「理解する」ことです。理解するには「あ〜でもない」「こ〜でもない」と取り組むことが必要ですね。(・・・ですから時間がかかります。)そのためには適切な題材にそって演習→ テストをくりかえし行い、ポイントをつかむのが一番です。あやふやな知識はほとんど役に立ちません。 確実な知識を身につけ、自信をもって解答する問題を増やしていくことこそがポイントです。
また、1つの単元を克服するには短期間に集中して勉強することが重要です。その単元を克服するのに必要ないくつかの事柄には、つながりがあるからです。冬期講習は短期集中講座です。「理解する」科目の勉強には最も適しているといえます。

B入試直前セミナー
入試まであと2ヶ月!最後の追い込みは横ゼミにおまかせ!
 公立高校入試まであと2ヶ月。入試までの2ヶ月でどれだけ勉強できるでしょう?1日に5時間勉強したとしても1科目にかけられる時間は約60時間(2日半)しかありません。時間が限られた中で大切なことは「すべてのポイント」を「効率よく身につける」ことです。横ゼミはこの「3本柱」であなたを支えます!
◎英数国は「入試演習」で課題を克服!
  主要教科である英語・数学・国語は公立高校入試にあわせた問題演習を繰り返し、課題を見つけ克服することで得点力のアップを実現します!自習室もありますので、授業内で克服できなかった課題もとことん向き合うことができます。
◎勉強しにくい理社は「中3特訓講座」で1から確認!
  公立高校の入試科目でもある理科・社会は自分でなかなか勉強しにくい科目です。だから、学校の定期テストの時のように、とりあえず教科書を読んで、大事なところを覚えればなんとかなるだろう…と思っているかもしれませんが、それは大きな間違い!近年、理科と社会の平均点が低くなってきています。
理科・社会の入試は近年「思考力」を問われる問題が多く出題されており、「知識を覚える」だけでは太刀打ちできません。実際、学校の理科の成績で4を取っている生徒が入試の点数が20〜30点台ということも頻繁に見られます。
 そこで横ゼミでは年末3日間を「中3入試特訓講座」として中3生を「理社漬け」にします!中3生を志望校・レベル別に分け、入試に必要な知識の「確認」、問題演習・解説を通じての知識の「理解」ができているかチェックし、得点力を引き上げ、志望校合格に導きます!
◎志望校の入試に合わせた本番形式のテスト(通称「テスト会」)で最終確認!
 冬期講習終了後、入試直前までの毎週土曜日を使って志望校の入試形式のテストを行います。テスト後すぐに採点し、志望校の合格ラインに達しているか、成績と合わせて総合評価を行います。「テスト→採点・解説で弱点確認→すぐに解きなおしをして弱点補強」を毎週繰り返すことで得点力は飛躍的に上がっていくことでしょう。
 ※テスト会は冬期講習のオプションとなりますので、冬期講習後にご参加、受験して頂きます。

2017.09.13

ロジキッズ算数・育脳教室 田名校にて10月開講

算数・育脳クラブ・・・「文章題プリント」の理解が算数・育脳クラブの指導目標です。
一定時間集中して勉強することはとても意味があります。子どもたちの成長を見るとそれがわかります。今日より明日、明日より明後日、というように上達しています。実は使用している教材は決して簡単なものではありません。小学生にとって難しいものが、ランダムにくり返しでてきます。手にとるように分かるには時間がかかりますが、この時期に始めれば「かずの概念」を理解することができます。
幼児期に身につけておきたい「かずの概念」(多い、少ない、大きい、小さい、くらべる、ちがい、あわせて、ぜんぶ・・・・・)は、どのようにしたら身につくでしょう。「ことば」と「かず」の意味を理解するのは意外と難しいのです。早い時期に順序数をかぞえたり、計算ができるようになったとしても、文章題が弱かったりするのは、「ことば」と「かず」の関係を理解できていないからです。この「ことば」と「かず」の関係を身につけるのが算数・育脳クラブの指導です。授業の後半にある文章題は演習時間が5、6分と短いですが、このプリントの内容理解が、子どもたちの目標であり、私たちの指導目標となります。前半の授業はこの文章題プリントを理解するための指導になります。
「ことば」と「かず」の関係ですが分類してしまえば、たくさんあるわけではありません。「理解できていないことを見つけるのに文章題プリントはとても役立つわけです。
また、平面図形や空間図形の感覚が身につけるために授業の最後にパズルの指導を取り入れています。たのしくできるところが一番のメリットです。

【無料体験授業予定】
 橋本校舎 月・火・木 
@16:00〜16:50 
A17:00〜17:50 
B18:00〜18:50
 
 田名校舎 水・金   
@16:00〜16:50 
A17:00〜17:50

【申し込み方法】 電話にてお申し込みいただくか、このホームページにある「お問い合わせフォーム」をご利用下さい。

【問い合わせ先】
橋本教室 773−7633 
田名教室 764−3301 
フリーダイヤル 0120−839−396

2017.09.13

ロボットプログラミング(ベーシックコース)10月より後期授業開始

なぜロボットプログラミングなのか? 

対象学年 小2生から小6生まで 

2020年からプログラミングが全国の小学校で必修化されます。文科省が導入を進めるプログラミング教育は、プログラミング技術ではなく「プログラミング的思考力」の習得を目的としています。どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力を育成することが目的です。近年、脳の研究等の著作で有名な茂木健一郎氏も「プログラミング教育」が論理的思考力を身に付ける近道だと話しています。
ロジキッズ「ロボットプログラミングクラブ」では、制作やプログラミングを基礎から学び、1年間を通して複雑な技術が身につくように構成されております。段階を踏んで、難易度が上がって行く為、楽しんで続けることができます。また、初めての子どもでも安心して取り組む事が出来る形になっています。「好きこそものの上手なれ」ということわざがあります。(自分の好きなことは、色々熱心に工夫をするのでますます上手になる、という意味です。)人の脳は「楽しい」と感じると「好き」、と変換され苦手意識が生まれず、好きなことは大人が強要せずとも自発的に取り組む様になります。プログラムを通じて理数好きな子に育てることができます。

ロジキッズ「ロボットプログラミングクラブ」の特徴
・プログラムしたことを、ロボットを動かすことで検証できます。ロボットの製作を学ぶだけなく、プログラムも学べ、結果が検証できる点です。
・レッスンは2人ペアで行います。楽しく、仲間と協力してレッスンを行うのがロジキッズ「ロボットプログラミングクラブ」の特徴です。ロボット制作・プログラミングを通じて、チームワークも学ぶ事ができます。
・ロボットを購入する必要はありません。(多額な初期費用は必要ありません)
・ロボット制作、プログラム入力から、課題をクリアするには根気が要ります。ロボットプログラミングは「非認知能力」(中室牧子著「学力の経済学」より)が自然と養われる格好のツールです。
・ロジキッズ「ロボットプログラミングクラブ」では、子ども達の学習の成果を発揮する場として、国際的なロボットコンテストであるWRO( World Robot Olympaid )に挑戦することができます。

ロボットプログラミングQ&A
Q自分の子どもが3時間も集中力が続くのか心配です。
A子ども達の好きなことに対する集中力の持続は素晴らしいものがあります。また、途中で小休憩を挟みますので安心して最後まで取り組むことが出来ます。
Qプログラミングってウチの子ども、パソコンできなくても大丈夫ですか?
Aパソコンを初めて触る方が大半で、初心者でも操作できるようサポートしておりますのでご安心下さい。
Q教えてくれる人はどんな人?
A正社員をはじめ、現役の大学生が指導する予定です。
Q保護者はレッスンを見学きますか?
Aはい、いつでもご見学頂けます。是非お子様が学ぶ姿をご覧下さい。
Qレッスンを休んだ場合、振替ることはできるのでしょうか?
A他の校舎での振替はできます。また、各学期に補講日を設けています。
Qレッスンを休んだ場合、次回のレッスンについていけますか?
Aロジキッズは少人数制のため習熟度を高めるサポートを重要視しています。レッスン前後のフォローも行っていますのでご安心下さい。
Q女の子はいますか?
Aはい、女の子も参加しています。女の子の発想は非常に豊かで、ロボ団主催のロボコンでも女の子チームが優勝したこともありました。
Q体験レッスンに参加したら、必ず入会しないといけませんか?
Aロジキッズは執拗な営業などは一切行っておりません。ご自宅に戻ってからごゆっくりお考え下さい。
まずは体験授業から!
ロジキッズ橋本教室 9月16日(土)・30日(土) 9:30〜12:30
ロジキッズ田名教室 9月9日(土)・23日(土)  9:30〜12:30
*体験を受ける前に必ず、体験の日時を決めてご連絡下さい。
【体験会費】 3000円
【申し込み方法】 電話にてお申し込みいただくか、このホームページにある「お問い合わせフォーム」をご利用下さい。
【問い合わせ先】橋本教室 773−7633 田名教室 764−3301 フリーダイヤル 0120−839−396


2017.09.13

スターターコース(年長さんから小学1年生対象)10月開講

プログラミングは2020年に小学校で必修化されることになっている、非常に注目されている習い事です。5年前にはほとんどスクールがありませんでしたが、今は少しずつ増えてきています。またこのスキルは今の社会人にとっても必要不可欠な能力であり、今後身につけなければならない能力の1つです。また、プログラミングの勉強には副産物があります。課題を克服するためには「論理的思考力」や「やりぬく力」が必要です。今後「受験」や「社会で働く」ときに時に必要となる力も身につけることができます。
まずは9月体験会にお越し下さい。


【体験授業予定】
 9月8日(金)・15日(金)・22日(金)・29日(金)16:00〜17:30   

【体験会費】 3000円

【申し込み方法】 電話にてお申し込みいただくか、このホームページにある「お問い合わせフォーム」をご利用下さい。  

【問い合わせ先】
橋本教室 773−7633 
フリーダイヤル 0120−839−396

2017.07.06

みんなで協力して ロボットを動かそう!

【日時】7月17日(月)13:00〜16:00

【対象学年】小1〜小6

【参加費】塾生・ロジキッズ生は無料!
     外部生は¥500
   *塾生のきょうだい・お友達は無料!
  
  塾生ではない方でも参加できます!

  塾生のきょうだい・お友達大歓迎!

  詳しいお問い合わせは・・・

  横浜ゼミナール橋本本校 
   рO42(773)7633

2017.06.25

高等部の夏期講習・個別指導部の夏期講習

◎高等部
大学進学を真剣に考える高校生を対象に、志望校合格に的を絞った指導を行っています。受験勉強とは、志望大学の要求レヴェルと自分の学力・解答力との落差を埋める、単純で機械的な作業に他なりません。一人で勉強していたのでは判らないノウハウを伝えること、そして、例えば知識の効率的な集約など、受験生が自分でしなくてもいいことを代わってしてあげることです。技術は何日もかけて自分で編み出しても、人からわずか30分で教わっても効果は同じです。現役生という限られた時間の中で、我々の提供する勉強法・合格法を最大限に活用して、後悔しない、納得できる結果を出すことに目標を置いています。
 高1生 1科 11000
*高2・高3生は個別で対応します。

◎個別指導(夏期講習) 
★個別授業はこんな人にオススメです!
□ 私立中学・高校受験の対策がしたい⇒出題傾向を踏まえた指導を行います!
□ 自分のペースで勉強したい⇒一人一人にあわせた学習計画を立てます!
□ 苦手な教科を克服したい⇒つまずいた所から学習し直すことができます!
□ 学校の授業についていけていない⇒学校の進度にあわせて学習できます!
□ 自分から先生に質問することが苦手⇒その場ですぐ質問できます!
□ 部活・習い事が忙しい⇒曜日・時間帯を選ぶことができます!
★集団と個別の組み合わせができる!
英語は集団授業+ 数学は個別授業
得意な教科は集団授業でもっと伸ばし、苦手な教科は個別授業で克服することもで
きます。  1:2 (1:1)
    小学生 1コマ2150 (3000)
    中学生 1コマ2500 (3250)
 高校生 1コマ ―  (3500)

2017.06.15

目玉商品B 短期集中 学童塾(小1生〜小4生対象)

 学んで!遊んで!充実度200%の夏 
算数文章題と図形の認識力をつける指導 「宿題」「読書感想文」もサポート
学習の初めから終わりまで計算だけ教える教室があります。子供たちは要領よく数字だけを拾い合わせて計算し、「できた」と言います。しかしこれは「当たった」だけではないでしょうか。文章題や図形問題になるととたんにできなくなってしまいます。「ロジキッズ」では「○○算だけ」「漢字だけ」という枠をはずし、学年という枠を超えた「進級式」学習システムを取り入れています。子どもたちが「みずから考える力」「粘り強く考える能力」大切にした指導を行っています。  

【対象】 幼児から小学4年生

【期間】
  前期 7月25日(火)・7月26日(水)・7月27日(木)・7月28日(金)
      8月1日(火)・8月2日(水)・8月3日(木)・8月4日(金)
  時間 @10:30〜11:20 A11:30〜12:20
  
  後期 8月18日(金)・8月22日(火)・8月23日(水)・8月24日(木)
     8月25日(金)・8月29日(火)・8月30日(水)・8月31日(木)
  時間 @10:30〜11:20 A11:30〜12:20

  授業料 1コマ850円 3コマ2550円より受付(教材費なし)
   ★1コマから8コマまで  割引なし 
   ★9コマから16コマまで 1割引  
   ★17コマ以上      2割引

2017.06.15

目玉商品A 宿題完成講座(小学生対象)

この講座は「7月中に学校の宿題を終わらせる」ことを目標に生徒が宿題をするお手伝いをする講座となります。夏休みの宿題をすべて塾に持ってきていただき、宿題を進めていただきます。特に読書感想文で苦労される方は多いと思いますので、ぜひ塾にお任せ下さい。ただし塾の環境上、ポスター(絵)・習字・作品制作などは対応できませんのでご了承下さい。
 講座は以下の日程で実施させていただきます。塾生の方はこちらの講座に無料でご招待致します。また現在、横浜ゼミナールに通塾されていない小学生のご兄弟・姉妹の方も無料でご招待しす。参加を希望される方は「夏期講習申込書」と「小学生 宿題完成講座・進級式授業 参加日程表」(別紙の上段)の初回の通塾する日と時間を記入して、塾までお持ちいただくようお願い致します。

【日程】
7月21日(金)・7月24日(月)・7月25日(火)・7月26日(水) 
7月27日(木)・7月28日(金) ・7月31日(月) 
【時間】@13:30〜14:20 A14:30〜15:20 
【セミナー費用】3000円
上記の時間帯の中で都合のよい時間帯に塾に来ていただくことができます。例えば、
・月曜日は都合が悪いので月曜日以外は全て1時間40分(上記の@A)通塾する。
・集中力が続かないので毎日塾に通うが、授業は50分ずつ通塾する。(上記の@・Aを日程の都合にあわせて選択にする。)
などが可能です。通塾できる日だけ来ていただくことができます。ただし、読書感想文の指導はある程度のまとまった時間が必要になります。休憩はお子様一人一人に合わせてとっていきます。夏休みの宿題(習字・ポスター・日記などは除く)がすべて終了した時点で講座終了となります。お友達と一緒に受講する場合は横浜ゼミナールまでご連絡下さい。専用の申込書をお渡しします。(ただし、定員がありますのでお早めにお申込をお願い致します)ご不明な点がありましたら教室にお問い合わせ下さい。         

2017.06.15

目玉商品@ 短期集中 ロボット・プログラミング (小2生〜小6生対象)

4日間でロボット・プログラミングブロックの制御の方法を身につけよう!
 このコースでは、ロボットを自分の思い通りに動かすというプログラミングの醍醐味を体験します。教材となるロボットには超音波センサーとカラーセンサーが備わっており、単純な動きだけではなく、2つのセンサーを駆使しての条件分岐などのプログラミングも学習します。動きが上手くいかなかったときも諦めずに仲間とアイデアを出し合いプログラミングの修正を行います。チームでよりよいプログラミングにたどり着くまで意見を出し合い、試行錯誤して最適を目指す体験は、問題解決能力を鍛えることになります。
 8月1日(火)・8月2日(水)・8月3日(木)・8月4日(金)
  【時間】13:00〜14:50 【セミナー費用】 12800円(テキスト代含)

2017.06.15

夏期講習の受付開始しました。

『夏は基礎学力をつける絶好の機会!』

夏期短期集中講座のご案内

■1つの単元をものにするには最低でも4回の復習が必要!
一つのことを身につけるには最低でも4回の復習が必要だと言われています。最初に習ったことが定着できているかどうか確認する一回目の復習は大切ですが、少し期間をおいて行う復習はより大切です。なぜなら最初に習った時に比べ内容の理解が深まるからです。1回目→2回目→3回目・・・・というように回数を重ねることは、その都度知識の確認ができるのと同時に、応用力がつくという副産物もあります。定期試験の時に学校に提出しなければならない課題に取り組んだり、試験勉強をしたりすることはとても大切です。くり返し復習することにつながるからです。

■横ゼミの夏期講習
まとまった時間の取れるこの時期は、各科目の土台となる内容に焦点をあてて指導します。講習会では前の授業内容が鮮明なうちに次の授業を行い、記憶を積み重ねることができるため、定着度は普段よりもはるかに高くなります。間違えたところやできないところを、何度でも練習させ、できるまで繰り返し指導します。復習単元は応用問題を中心に、予習単元は基本から指導します。

★小学5・6年生
 算数 既習事項の復習と、いろいろな文章題をレベル分けして指導します。
 英語 英単語の読み方、書き方指導とbe動詞の導入を行います。

★中1・中2生
 英語 1つの単元の演習ができたとしても理解したことにはなりません。いろいろな単元をランダムに組み合わせても、同じようにできて初めて理解したといえるのです。複数の単元を正確に処理するには、識別するコツを身につけるのが一番です。この識別能力を磨くのが夏期講習の目的です。文法・作文・読解などいろいろな角度でみていきます。
 数学 計算ができても、応用問題や文章題が弱かったりするのは、「ことば」と「かず」の関係を理解できていないからです。これを克服するためには数多くの文章題にあたり、1つ1つ理解していくことが一番の近道です。この「ことば」と「かず」の関係を身につけるのが夏期講習の目的です。
 国語 説明的文章と小説文の読解の解法テクニックに焦点をあてて指導します。

★中3生
 5科目(既習範囲)の入試対策を行いま す。指導時間は通常授業の倍!「夏を制する者は受験を制す」です。
  
★実施期間と講習費
 【小5・6】7月31日(月)〜8月8日(火)講習費1科5000円
 【中1】7月31日(月)〜8月8日(火)  講習費3科28000円    
 【中2】7月21日(金)〜7月28日(金) 講習費3科28000円
 【中3】7月21日(金)〜8月8日(火)  講習費3科40000円・5科56000円

★送りの実施 20:00以降授業が終了する生徒を対象に車による送りのサービスを行っています。 
 
【問い合わせ先】 横浜ゼミナール本校 773−7633